やりたい仕事を反対されて、悩んでいる方へのアドバイス。

silver dynamic microphone on black microphone stand 仕事のお悩み
Photo by Dmitry Demidov on Pexels.com
この記事は約2分で読めます。

私も、反対されました。

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。「適職発見チャンネル」アップしました。

やりたい仕事を反対されたらどうする?という、ベタながらも非常に多いお悩みについてお話ししました。

■反対意見は、基本的には無視。

今回のお悩みって、特にサラリーマンをやめて独立…みたいな話になると必ずぶち当たる壁、と言ってもいいかもしれません。

そして、私自身のこのお悩みに対する回答はほぼほぼひとつ。

反対意見は、基本的には無視。ただ、無視まで行ってしまうと角が立つ可能性もあるので、正確には「アドバイスありがとうございます」ということは表明しつつ、行動自体は自分のやりたいことに向かっていく、というイメージです。

■反対する人って、助けてくれるわけじゃない。

では、なんでこういう対応をおススメするのかというと…

やっぱり、助けてくれるわけじゃないんですよ。反対する人って。

例えば、反対してくる人でも、具体的な道や方法を提示してくれる方ならまだ、一考の価値はあるかもしれませんが…大半の場合はそのような提案もなく、一見危なそう、とか、その反対してきた本人の知らない道だから、という理由だけでそういう行動になっていることがほとんどなんですよね。

この感じの意見を聞いてしまうと、道が閉じてしまうだけ、になってしまいます。なおかつ、コイツは止めたら止まるんだ、という感じの印象を持たれ出して、ことあるごとに反対されて(ex仕事だけじゃなくて、交際相手とかへの口出しとかね)、止められて…ってのを繰り返す人生になってしまっているケースになって、怖くて何もできなくなってしまってカウンセリングの門を…ってなるケースが多いわけですね。

■やるのは「自分自身」!だから、自分で決める。

私としては、まず「仕事をやるのは自分なんや!」というところを意識してほしいんですよね。

つまり、やるのは自分なんだから、自分で決める、ってことですよね。

人に言われたからどうのこうの、じゃなくて、自分はやるんや、というのがまず基軸。ここを押さえて行動していけば、少なからず周りの見る目が変わり出すんですよ。「コイツ、言うてもなかなか折れてけーへんな」って思えば、対応が変わってくるわけ。

実際、私自身もこのカウンセラーというか「ネットで仕事をする」って道に関しては、反対されたこともありました。だけど、自分自身が続けていく姿を見せることで、だんだん応援してもらえるようになっていったんですよ。

ですので、とにかく、やる。反対されたぐらいでは辞めない。その意識だけでも、道が開けてくる可能性は十分にあると私は思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました