起業って大変なのか?

silver dynamic microphone on black microphone stand 仕事のお悩み
Photo by Dmitry Demidov on Pexels.com
この記事は約2分で読めます。

起業は、大げさじゃなくていい。

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。「適職発見チャンネル」アップしました。

起業って、簡単?大変?これはもう、本当によく見る疑問なので、一応起業10年近くになった身としてどう思っているのかお話ししてみました。

■「どう」起業するのか、ということ。

起業が大変かどうかって、どのように起業するかによるんですよね。

たとえば…事前準備としてお金がたくさんいるとか、人脈を作っていないとそもそもどうにもならないとか、そういう起業は大変だと思います。私も多分、こういう起業は今からやれって言われてもやりたくないし、できません。少なくとも今は。

ただ、私が現状やっているような起業…ネット上でひとりで発信して、それを見つけてもらってサービスを提供するって形の起業であれば、難しくはないと思っています。だから、基本的には個人の方にはこちら側の起業の方がおすすめしやすいです。

■「できるなら」大規模にやってもいいけれど…

もちろん、できる方は前者のやり方でも全然OK。お金かけられてマンパワーも投入できるんだったら、その方が結果が出るのは早いです。また、多くの人とのかかわりが爆発的なシナジーを生むこともありますしね。

ただ、やっぱりこれは誰でもできるものではないんですよね。コミュニケーションスキルも尋常じゃないものが求められるし、あとは度胸も要ります。それこそ銀行などからお金を借りて全力疾走…みたいなことができるようなエネルギッシュな人じゃないと、どうしても結果に結びつきにくいですよね。

だからこそ、前段でも話した通りに、後者の小さな規模感での起業の方が簡単ですよ、って話になるんですよね。

■起業を「大変そう…」と思うのであれば。

ですので、起業をしてみたいけど大変そう…って感じで悩んでいる、というのであれば、お金や人脈が大量に必要になる、って感覚からまず離れてみてほしいんですよね。

つまるところ、一人でできる・少額でできる、って観点をもって起業をスタートするのがいいんじゃないか、ということです。こうすれば、大変すぎない方向性を「思いつく」きっかけになると思うんですよね。

とにかく、規模を小さく小さくしてみること。

そういう風に考えていけば、身の丈に合った方法が見つかっていくと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました